スポンサーリンク
コラム

混色すると色が暗く鈍る・濁るのはなぜか?

美術のテキストには「混色をすると色が暗くなるので、鮮やかな色を保つには、なるべく混色する色数は少なくしましょう。」といった文言が書かれています。 なぜ混色すると色が鈍ったり、濁ったり見えるのでしょうか? 結論から言えば、混色が進むと光の反射が弱くなっていくので、暗く鈍く見えるようになる...
コラム

マンセル値とは?

今回は「マンセル値(まんせるち)」の解説をしたいと思います。 マンセル値が読めるようになると、絵の具を購入するときの参考になります。たとえば、あるメーカーから2種類のホワイトの絵の具が販売されているとします。マンセル値を知っていれば、どちらのホワイトがより真っ白に近い白か…というよう...
ミニチュア作りの道具・素材

ミニチュアフード作りでおすすめの平筆と丸筆

私がミニチュアフード作りで使っている筆を紹介したいと思います。主にミニチュアフードでは粘土を使って造形しています。粘土にアクリル絵の具を混ぜて着色した後に、細かい色付けやニスを筆塗りして仕上げることが多いです。 筆先が平らな「平筆(ひらふで)」 大まかに全体を塗るときは、筆の先が平らな...
食材・具材

【ミニチュアフード】れんこんスライスの作り方

何かと便利な蓮根の輪切りのミニチュアパーツを作ります。 工作難易度 樹脂粘土(ホワイト・イエローオーカー) 粘土を整形する ダイソーの樹脂粘土のホワイトとイエローオーカーを混合します。 透明なカードや定規などを使って、まるめた粘土をプレスして平らにします。 ...
ミニチュアの技法

シリコーンモールドメーカーの使い方 円形パーツを型取り・複製する方法

今回は、粘土状シリコーン型取り材である「シリコーンモールドメーカー」で、円形パーツを型取り・複製する方法を紹介します。 原型を作る 5.5mm径の円形パーツを作ります。使用するのは100円ショップのダイソーで買った「1穴パンチ」です。 画用紙に穴をあけます。 ...
皿・器

【ミニチュア食器】どんぶり(丼)の作り方

以前、パスタボウルの作り方を公開しました。 今回も、100円ショップにある材料だけでミニチュアのどんぶり(丼)を作ります。 工作難易度 球形クラフトパーツ UVレジン液 塗料(珪藻土・モカチャ) 半球パーツを整形する 100円ショップのセリアで以下のパー...
コラム

ミニチュアのドリンクカップを自作する方法を考える

以前、以下の記事を投稿しました。 ここに登場するドリンクカップを自作する方法をリクエストされたので、少し書いてみます。 レジンで作る ドリンクカップを自作する場合、レジンで製作する方法も考えられます。型を作るのが難しいですが、最近はドリンクカップが自作できるシリコ...
カトラリー

【ミニチュアフード】割箸の作り方

別サイトでもミニチュアの割箸の作り方は公開していますが、箸袋を作りやすく耐久度もアップした構造に改良したので紹介します。 工作難易度 紙 ペーパーコースター 箸袋素材をダウンロードして印刷 箸袋素材を置いておきます。ダウンロードして利用ください。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました