【ミニチュアフード】氷入りグラスの作り方

今回の記事は、過去に出版されたムック本への寄稿をベースにしています。

工作難易度

氷入りの緑茶のようなドリンクを作ります。すべて100円ショップで購入した材料がベースです。

  • 鉛筆キャップ(透明)
  • お湯でやわらかくなるねんど(透明)
  • UVレジン液(クリア・イエローアンバー)

鉛筆キャップをグラスに見立てる

100円ショップのワッツで以下の商品を購入しました。

透明キャップ付きの鉛筆セットです。今回は、この透明キャップをグラスに流用します。

キャップの穴をUVレジン液でふさぐ

透明キャップは、グラスの底となる部分に穴があいています。この穴を透明なUVレジン液でふさいで硬化させましょう。

UVレジン液を垂らす場合は、キャップの下にポリプロピレン製の透明ケースなどを敷くと便利です。クリアファイルを切ったものを下敷きにしてもOKです。

氷を準備する

今回は、お湯でやわらかくなるねんど「イロプラ」のクリアを用意しました。これも100円ショップのワッツでの購入品です。

このイロプラをカッターで刻んで、ミニチュアの氷にしましょう。

段階的にUVレジン液を硬化させる

今回は緑茶のような色味のカラーUVレジン液「イエローアンバー」を用意しました。UVレジン液は100円ショップのセリアでの購入品です。

写真のように、ミニチュアの氷をグラスに入れてUVレジン液を注ぎ、段階的に硬化させます。一発ですべて注ぐと失敗しやすいので段階的に硬化させていきましょう。

ある程度の量まで達すると完成です。

注ぐUVレジン液のカラーを変えると、また違った飲み物にすることができます。

タイトルとURLをコピーしました