【ミニチュアフード】かまぼこの作り方 その2

前回の蒲鉾(カマボコ)の作り方は以下をご参考に…。

今回は、ミニチュアフードの王道でしょう。樹脂粘土を使ってカマボコを作ります。

工作難易度

  • 樹脂粘土(ホワイト・レッド)
  • アクリル絵の具(白)

粘土を丸棒状にする

ダイソーの樹脂粘土に白のアクリル粘土を混ぜて、丸棒状に成形します。

そのまま乾燥させます。

粘土を引き延ばす

ダイソーの樹脂粘土ホワイトに、ごく少量の樹脂粘土レッドを加えて練り込み、ピンクの粘土を作ります。

ピンクの粘土を1mm厚くらいの平らにするために、粘土の両側にプラスチック製のカードを置きます。

ずれないようにカードはマスキングテープなどで固定するとよいでしょう。

伸ばし棒を使って、粘土を引き延ばします。

ちなみに伸ばし棒はダイソーでの購入品です。両側に置く物は、使わなくなったポイントカードや定規など、高さが同じで1mm厚くらいの物であれば何でもOKです。

丸棒に粘土を巻く

ピンクの粘土は完全に乾燥させると折り曲げられなくなるほど硬くなります。まだ生乾きの状態で次の工程に移りましょう。

指先を水で濡らして、丸棒状の粘土の表面に薄く水を塗ります。この少量の水が接着剤になります。ピンクの粘土の片側をカッターで直線状に切り、粘土を巻き付けます。

折り目の部分の余分なピンク粘土もカットします。

乾燥後にカットすると完成

ある程度、乾燥が進んだら両端をカットします。

薄く粘土をスライスします。

スライスした粘土をさらにカットすると完成です。

最後のカットは、円の中心からずらしてカットするとよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました