【ミニチュアフード】力うどんの作り方

ミニチュアのかけうどん・素うどんの作り方を公開しています。

今回は、この素うどんをベースとして、力うどんを作りたいと思います。

工作難易度

  • 消しゴム(白)
  • 樹脂粘土(ホワイト)
  • 絵の具(タンイエロー・バーントアンバー)
  • 光沢ニス

消しゴムをカットする

ミニチュアのお餅を作ろうと思います。今回は粘土で作る方法と、消しゴムをカットする方法の2パターンを紹介します。

100円ショップで白の消しゴムを買いました。

これを餅の形にカットします。

うどんにのせると完成です。

ホワイトの粘土に白の絵の具を混ぜる

次は、焦げ目のあるミニチュアの焼き餅を作ろうと思います。ダイソーの樹脂粘土ホワイトに、少量の白のアクリル絵の具を混ぜ込みます。

もちを整形する

透明なカードの上で、粘土を好きなモチの形とサイズに整えます。素うどんの上にカードをかざすと、大きさのバランスなどが確認しやすいです。

粘土に質感をつける

形とサイズが決まったら、爪楊枝や歯ブラシを使って、表面に質感をつけていきます。質感をつけていないと、焦げ目の塗装がやりにくいです。

焼き色を塗る

粘土を乾燥させます。焦げ目の塗装をしたいと思います。使った塗料は2種類です。

タンイエローとバーントアンバーの2色。

薄くタンイエローから色をのせていきましょう。その後に、バーントアンバーで仕上げです。

塗料の乾燥後、薄めたニスを軽く表面に塗って完成させました。

パーツをのせて完成

餅パーツとネギ・かまぼこをのせると完成です。

タイトルとURLをコピーしました